豊中ではたらく社長のブログ

古びたブログタイトルをそろそろ変更しようと思っている中小企業のおっさんが書いてるブログです

知られざる真実-勾留地にて-

竹中平蔵

天木直人氏&植草一秀氏 対談動画

まずは
ランキングのクリックをお願い致します。



植草一秀氏のブログで天木直人氏との対談をしたとアナウンスされており、以前より非常に強く興味を持っておりました。いつ発売なのだろうと思っていたところ、昨日の植草氏のブログにてすでに発売されていることを知り、すぐさま拝見させて頂きました。
小泉・竹中経済政策の罪 〜日本経済混迷の真相〜





経済学者 植草一秀氏と元外務省官僚の天木直人氏の60分超にわたる対談動画です。ダウンロードコンテンツですので、購入後すぐに見ることができます。

以下、対談の内容です。
・小泉、竹中政策との関わり
・小泉政策の特徴
・市場原理主義の矛盾
・小泉政権の対米隷属
・りそな銀行の問題について
・米金融資本主義のこれから
・市場資本の拡大と日本資産の暴落
・郵政事業民営化の本質

内容は、かなり濃い対談動画となっておりますので、政治または世界経済に興味のある方はぜひ閲覧して頂ければと思います。個人的には、リーマンブラザーズ破綻とロックフェラーの覇権が関わっているということついてのご説明が心に深く残りました。植草氏によると、リーマンブラザーズは破綻したのではなく、破綻“させた”わけでありますが、このように世界経済までもが特定の人間により自由に操ることができてしまう利権構造が存在することは誠に遺憾であり、断じて許すことはできません。

この裏で起こっているとても恐ろしい事実を私達は知っておくべきなのです。

そして、世界的な金融恐慌からイラク戦争まで。世界や日本で起こっている問題は全て一つの輪に繋がっており、郵政民営化、かんぽの宿問題はその縮図であるということです。特定の権力者の利益の為に様々なものを動かしている側面があり、市場原理主義者達のやってきたことがいかに深い問題であるかがよくわかります。

小泉・竹中経済政策の罪 〜日本経済混迷の真相〜


追記(09.06.04)
第二弾もございます。こちらをご覧ください。
これからの日本に在るべき政治とは

怒るというより笑っちゃうくらい、あきれた竹中さん

まずは
ランキングのクリックをお願い致します。



これはいったいなんなのでしょうか。



鳩山大臣(総務相)って人気上がったんですか?初耳です。(笑)

かんぽの宿の問題は、現在も国会でほぼ日常的に議論されているのですが、気持ちが良いくらいにマスコミでは黙殺されているので、鳩山氏の人気が高まっているなんて考えもしなかったのですが。


さて、この動画はポリシーウォッチと言って、竹中氏が市場原理主義者ばかりを集めて運営している動画サイトなのですが、これがまたヒドイのです。どう酷いのかというと、本質に触れず(反論せず)、ひたすら既得権益層が改革を邪魔していると叫んでいるのです。郵政民営化の深い闇の部分に全く触れない点では説得力に欠けますし、これで説明を果たしているとも思えません。

嘉悦大学学長 加藤寛氏が仰るには、
「鳩山さんは個人もよくないです。もう人間的に品格0ですね。そんな人が風格の無い人が大臣やってるなんておかしいんです。総理が品格ないんですから、それはしょうがありません。」
「彼は郵政民営化が何かが全くわかってないんです。国が貯めこんでいるとお金を無駄に使われて役に立たない。かんぽの宿毎年毎年50億円の赤字が出て、経済が苦しくなるだけで国民にとってなんのぷらすもありません。」
「東京の中央郵便局が場所が非常にいいとこにあるということで重要文化財だと言ってますけども、あれは重要文化財の資格も持ってない。私達が見たってローマには匹敵できないと。ローマの重要文化財が出たかのように叫んでいるということは、あの人がいかに芸術的センスがないということが明らかです。そういうバカなやつがやってるんですから、国民から見たらバカな奴が政治をやっているとしか思わないといけない」
「国民はすぐあーやってとめた人が出てくると、鳩山人気が高まりますが、これは人気が高まっているんじゃなくて、あの人が政治生命を失うことが明らかになってきたということを意味しているにすぎないと思います。」


かんぽの宿問題は、鳩山総務相の反論をきっかけにしてマスコミで報道されるようになりました。
【かんぽの宿譲渡問題】鳩山総務相が「竹中論文」に猛反論
しかし、かんぽの宿問題はこの後あたりから、マスコミの報道から消えることとなりました。

これはおそらく、政権を維持したい麻生政権、郵政の資産を全て売り払い利益を確定したい竹中側の利害が一致しているというところで、お互い攻撃し合うのはやめようという裏協定があったかに思われました。

しかし、この後も野党議員による郵政関係者告発によって、消えかかった火を消さない努力が行われました。
野党チーム、西川日本郵政社長を告発へ

これを受けて、鳩山総務相も立場上、逃げるに逃げられないところに立たされているのでしょう。かんぽの宿の問題を追及する姿勢を示しています。

これに怒った竹中氏の反応が、ポリシーウォッチに表れているというわけです。「怒るというより笑っちゃうくらい、あきれます」ね。

動画の内容を見ても、本質には触れておらず、ただただ既得権益層が利権を守りたいだけだという主張は苦しいものがあります。人間的に品格が0だとか、どこを見ていっているのでしょうか?漢字が読めないからでしょうか(あれは麻生叩きに使われたネタに過ぎませんが)。

かんぽの宿が赤字という点についても、福祉の観点で建てられた建造物に黒字化が必要なのでしょうか?違いますね。郵政公社の経営に関しても税金の投入はされておらず、実に健全な経営体制だったと言います。この健全な経営体制と莫大な国家資産340兆円が欲しかったからここまで必死なのでしょうか。

中央郵便局が重要文化財に合わない理由を頑張って主張されているようですが、何のソースも明示せず感情論で攻撃している姿は子供のけんかにしか見えません。そもそもローマの建造物と中央郵便局を比べるということ自体、文化の違いを踏まえると無理がありますしね。

もう、怒るというより笑っちゃうくらいあきれるんですよね。



竹中平蔵氏が参考人招致を無視

3月17日竹中平蔵氏が衆議院総務委員会に参考人として招致されていたにも関わらず、結局出席することはありませんでした。

竹中氏が招致された経緯はこちらを見て頂ければわかります。
かんぽの宿“激安”売却 竹中氏招致求める



追記(4月6日)
このニュースを初めて知ったのは植草氏のブログです。ただ最近になって出元のメディアのニュースを見てみたくなり、検索エンジンを使って調べていたのです。本来ならこの手のニュースはニュースサイトが検索上位に来ているはずなのですが、不思議なことに出てきません。例えば『竹中平蔵 参考人』『竹中平蔵 総務委員会』でグーグル、ヤフーで検索してもで出てきません。出てくるのはブログばかり。これはいったいなぜでしょう・・・。

「かんぽの宿」疑惑は鳩山総務相に指摘されて以降、国民の大半が興味を持っています。もちろん興味を持っているだけでなく、国家の資産を不当に売却したおそれがあるのですから、国民には知る権利のあることです。しかし竹中氏が招致を無視した件に関しては、マスコミも全会一致でスルー。本当に困ったものです。やはりこれも何らかの力が働いているということでしょうか。

ちなみに『竹中平蔵 3月17日』と検索したらこんなものを発見しました。
【動画】竹中平蔵vsビル・エモット
危機後に強くなるのは中国ではなく米国


出来レースのテレビメディアや一方的に詭弁を書き連ねることのできる媒体に、数多く登場しているが、国会での説明は拒否するとの考えであるのか。

↑まったく、植草氏の仰っている通りです。
プロフィール

ブログへのご訪問ありがとうございます。イブネと申します。大阪で小さな会社を切り盛りしています。趣味は政治哲学です。

コメント、トラックバック大歓迎です。

[新訳]大転換

経済の文明史 (ちくま学芸文庫)

新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき

雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)

TPP亡国論 (集英社新書)

救国のレジリエンス 「列島強靱化」でGDP900兆円の日本が生まれる

記事検索
  • ライブドアブログ