豊中ではたらく社長のブログ

古びたブログタイトルをそろそろ変更しようと思っている中小企業のおっさんが書いてるブログです

知られざる真実-勾留地にて-

小沢一郎

これからの日本に在るべき政治とは

まずは
ランキングのクリックをお願い致します。



先日の記事でお伝えした、経済学者の植草一秀氏と元駐レバノン特命全権大使で作家の天木直人氏の対談動画の第2弾(前回の続編)が出ました。


小沢事件の真相と政権交代 〜これからの日本に在るべき政治〜


第2弾の内容は以下になります。
・小沢自見と民主党の今後
・既存のメディアとインターネットメディア
・政権交代の意義
・アメリカとの向き合い方
・2009年総選挙とこれからの政治
・これからの日本に在るべき政治
・小さな政府 大きな政府


今回、起きた西松献金事件。これは歴史に残る大事件になるでしょう。
しかし、誰がこれをやったのか(仕組んだのか)、そういったことは抜きにして、元検察官の郷原信郎氏が、この事例でしかもこのタイミングに逮捕に踏み切ることは理解に苦しむ という見解を示されてらっしゃいますが、その見解に正当性があるにも関わらず、次期総理になる可能性が高い人物を選挙前に、いとも簡単に逮捕出来てしまう、といった検察のシステム・在り方の根本的な問題点を国民に露呈してしまったというのが大きかったのではないでしょうか。

植草氏と天木氏の対談動画は、これらの不正に行われる小沢潰しが今回の事件以前から幾度も工作されていたことから始まり、政権交代した後、どう政治を動かしていくことが重要なのか、ということが対談されています。


ちなみに私は第2弾があったことを知らなかったのですが、植草氏のブログでのお知らせ初めてそれを知り、とても嬉しく思いました。

と言いますのは、前回の対談でもそうでしたが、普段、お二人が更新されているブログではあまり聞くことができない内容が対談中に籠められているからです。もちろんそれだけではないのですが、前回が非常に有意義な対談内容だと思いましたので、早速拝見させて頂いた次第です。とても勉強になりました。


第1話 小泉・竹中経済政策の罪 〜日本経済混迷の真相〜

第2話 小沢事件の真相と政権交代 〜これからの日本に在るべき政治〜

小沢代表辞任 有識者の反応は?

まずは
ランキングのクリックをお願い致します。



小沢代表の辞任後、マスコミによって一斉に新たな攻撃が始まりました。マスコミの動きを随時確認していれば、その戦略が手に取るようにわかります。今後、マスコミが小沢氏に対し攻撃してくるであろう部分を考察してみます。

ところで、マスコミというのは何か新たな事件が起こった時、当日に足並みが各社揃わなくても、次の日は必ず足並みを揃えますね。見事に同じ主張をしてくれています。誰か同一の人物から「台本」でも渡されているのでしょうか?そんな疑いさえ持ってしまうほど、偏向した報道ですね。
※偏向報道に対する放送法の改正を求める署名にご協力ください。

でも、昨今のマスコミの体質は、「権力者側(※悪徳ペンタゴン)が今どうしたいのか」「何を排除したいのか」という悪徳ペンタゴンの主張が露骨に出ており、何を考えているのかとても分かりやすいです。

これを良い意味で捉えると「反転攻勢を掛ける為の戦略を立ててやすい」、
悪い意味で捉えると「影響力のあるメディアを占拠されているがゆえに力負けする可能性がある」というところでしょうか。


いつもの如く青山さんがテレビに出て熱く語っておりました。しかしながら、身内の鴻池祥肇官房副長官のダブル不倫スキャンダルについては、わずか2分しか喋りませんでしたけれども。確か、この鴻池氏は以前、議員宿舎に美人妻(不倫相手)を泊まらせて機密情報の漏えい疑惑まで取り沙汰されましたね。青山さんはそれには触れず、「ショックだった〜」と必死に庇(かば)っているご様子でしたが。

小沢氏の批判には約22分に亘り、繰り広げられています。この人、小沢氏批判の時も熱いんですが、インフルエンザの宣伝の時も物凄く熱い人なんです。幅広いジャンルをカバーされていることは凄いと思いますが、なんというか、扱っているジャンルに、青山さんの権力に忠実なお人柄がよく出ています。

●スーパーニュースアンカー 青山繁治(09.05.13)小沢辞任について



・小沢→剛腕→威嚇(脅し)→恐い というイメージを植え付けたい。
・小沢氏は説明責任を果たしていない、まだ罪を認めていない。
・小沢氏は議員辞職すべきだ。
・小沢氏は検察に圧力をかけて、権力乱用により無罪を勝ち取ろうとしている。
・鳩山氏、岡田氏が代表となるなら小沢氏が代表の時と同じである。

「子供かよ」そんなツッコミを入れたくなる映像でしたが、マスゴミの主張はこんなところのようです。


この「地元の声を聞くべきだ」ということに関してですが、マスコミの偏向ぶりが明らかとなるような記事を見つけましたので転載します。下記です↓。

民主党の中井洽(ナカイヒロシ)議員のWEBサイト

小沢さんの辞任の挨拶は大変力強く思いがこもった良い表明だった。特に自分が身を引いて、党の一層の一致結束が図れるならこれに勝る事は無い。役を退いても政権交代を実現するため全力を尽くすときっぱり言い切ったが、皆が一番望んでいる言葉だった。小沢代表の辞任の決意を了承して頂けるかという議長としての僕のしきりに、小沢代表一人が大きな声で異議無しと答えたのには思わず笑ってしまった。改めて異議無しで皆の了解を得た。
 僕から「今日まで3年間、小沢代表が獅子奮迅の活躍で党の先頭で頑張って頂いた事に心から敬意と御礼を申し上げる。今後とも只今のご挨拶にあった様に勇猛心を奮い起こして政権交代実現の為、頑張って欲しい。常任幹事会を代表してご挨拶を申し上げる。」と述べ満場の大拍手で小沢さんも満足そうに頭を下げていた。


 鳩山幹事長から16日土曜日、両院議員総会で現職国会議員だけで代表選出選挙を実施したいという提案があった。過去、歴代代表が中途で退任したとき規則にのっとって、両院議員総会で決めてきた。当然の提案だと聞いていたが、北澤副代表から次期衆議院の候補者、総支部長等を有権者として幅を広げるべきだと提案があった。小沢代表が手を挙げたので、僕が指名したところ、北澤さんの話とも思えない。もし、有権者を広げるというなら、規約を変えなければならない。辞めた代表のもとで規約を変える事は選挙前に突然、有権者を増やす事になって、民主主義のルールが崩れると激しい答弁があった。北澤さんもすぐに手を挙げたが、僕はこの論争が折角の小沢代表退任の空気を目茶苦茶にしかねないと思い、弱ったなと一瞬考えたところに前原さんが手を挙げられたので、前原さんを指名した。
 ところが、北澤さんが自分が言うべきだと思って発言をし始めたので、僕は前原さんを指名したと申し上げ、前原さんに発言を促した。その後、北澤さん、松木さん、小川さん、古賀さんと賛否それぞれの議論が続いた。他に質問や意見が無いのかと尋ねて、無さそうなので執行部の提案通りご異議ありませんか?と聞いたら、異議無しという圧倒的発声で決定された。13日の読売の1面には僕が議論を打ち切ったと書いてあったが、全く酷い話だ。もっと充分、取材をすべきだ。
 又、朝日新聞には小沢代表が一人で大きな声で異議無しと言って押し切ったという記事が載っていたが、これもさっき述べた様に自分の辞任に関しての異議無しの発言をあえてぼやかして書いて誤解を与えている。全く、ここ2ヵ月余りのこれらの報道機関の小沢代表に対する悪意があるとしか思えない。妙にうがった報道には困ったものだ。


 最後の常幹の終わりに、長年、ご協力を頂いた御礼を申し上げ、拍手の中で会議を終えたが、僕のアイデアで写真を撮ろうという事になった。3年間、少し人の出入りはあったが、このメンバーで党の最高決定機関を運用してきた。40人を超える人数だから、なかなか食事をという訳にもいかず、最終日になったので、せめて写真だけをと考えてお願いし、皆、珍しい事だとか初めてだとか、子供みたいに写真にはしゃいで加わってくれた。和やかな空気の中で散会出来てよかった。

やはり、マスコミの報道とは随分、開きがあるようです。民主党内の亀裂をマスコミは必死に演出したいのでしょう。小沢氏だけはどんな手を使ってでも排除すべき、ということでしょうか。国民はそんなことを願っているのでしょうかね。

今後もマスコミは「説明責任の不足だ!」と煽り、議員辞職の要求や小沢氏の影響力の排除を徹底的に報道していくことでしょう。しかし、なぜ小沢氏は追及されなければいけないのか?争点はそこです。
※西松事件の不公平な強制捜査


社民党議員の保坂氏が先日、元検察の郷原信郎氏と対談した際、西松建設事件の問題についての根幹にかかわるお話をされていました。下記はブログです。

●「保坂展人のどこどこ日記」(社民党)
小沢一郎民主党代表の辞意表明を受けて

記者会見で小沢氏は、「総選挙での政権交代の実現」「挙党一致体制の確立」を繰り返した。3月3日の大久保秘書逮捕当時の「国策捜査批判」も、その後に提唱した「企業団体献金の廃止」にもまったく言及がなかった。私は、野党第一党とはいえ他党の代表である小沢氏の進退について「辞めるべき」「続けるべき」などと口を挟むつもりはそもそもなかった。「郷原信郎×保坂展人」のトーク1の部分で議論したように、今回の政治資金規正法違反事件の強制捜査(大久保秘書逮捕)は、相当に無理があると思っているし、自民党の二階経済産業大臣の疑惑への捜査も「自民党には及ばない」(漆間官房副長官)の予言がその通りになっていることにも疑問を持っている。


保坂氏の指摘する通り、今回の強制捜査は多々おかしな点がございます。詳しくはこの動画をご覧ください。「もしこの事件が有罪になれば、献金制度の根幹に関わる。ほとんどの献金が違法になる。」と述べられているのが印象的です。




さて、いつもながら植草氏のブログはとても参考になります。

●「植草一秀の知られざる真実」(経済学者)
逆風を順風に転じさせる小沢民主党代表の英断
3月3日の小沢秘書逮捕は、結果的に振り返ってみても、筋の悪い「政治謀略」であったことは明らかである。本来、民主党は党を挙げてこうした「政治謀略」に抵抗するべきであった。「謀略」に屈服することは「謀略」を容認することであり、「謀略」を助長するものである。

この意味で、民主党は党を挙げて「政治謀略」を糾弾し、小沢氏代表体制を維持して総選挙に臨むべきであった。

ところが、この「正道」が二つの要因で維持されなかった。第一の要因は、一部民主党議員の腰の引けた対応が際立ったことだ。民主党内部には反小沢代表派の議員が少なからず存在する。こうした議員が、今回の「政治謀略」を党内政治に利用したことは極めて残念なことであった。


第二の要因は、「悪徳ペンタゴン」が小沢代表失脚を最重要目標に定めて、情報操作・世論操作を担う「御用メディア」が総力をあげて小沢氏攻撃を継続したことである。不正で低劣な情報操作だが、総力を挙げて展開されれば、総選挙にも影響が生じることを否定し切れない。

この二つの要因を踏まえ、小沢代表は「正道」を維持することを断念し、総選挙での勝利、政権交代実現を優先して、断腸の思いで代表辞任を決断したのだと思われる。


そう。西松建設事件そのものが悪質極まりない国家権力の乱用なのです。小沢氏に謝罪責任・辞職要求を突きつける以前に、この事件の不透明さを暴いていくことがマスメディアの使命なのです。その与えられた社会的使命を全うせず、謀略に加担するのであれば、それは存在価値の無いモノです。少しでも早く、日本のマスメディアが長いトンネルから抜け出せることを願います。

西松事件の不公平な強制捜査

3月3日に小沢秘書が突然、逮捕されました。この強制捜査はいったいなんだったのか?本当に正しいのか?振り返ります。

結論から言ってしまうと、この強制捜査はとんでもない国家権力の乱用、謀略であると言えます。マスコミも今ではこの事実をほとんど報道しなくなっています。では、どのような点が不可解なのか挙げてみましょう。


1.前例のない、政治資金規正法の根幹を揺るがす異例の強制捜査

この点は一番疑問符がつく問題です。今回の検察の言い分は、「西松建設からきた献金なのに、政治団体の名前を記載する虚偽記載だ」ということです。しかし、お金を拠出する側(今回の例であれば西松建設)と寄付行為者(政治団体)が違った場合、どちらを記載すれば良いのか。明確な決まりは法務省には無かったようなのです(下記動画の6:40くらいをご参照ください)。だから、小沢氏は政治団体の名前を記載した。それが駄目だと検察から言われているわけですね。

少し考えてみてください。道理が合っていないと思いませんか?

例えば、あなたがXさんという政治家に献金を行いました。でも実は、あなたは寄付をしただけでお金の出所はBさんであり、あなたは代わりに寄付行為をしただけなのです。寄付された政治家XはBさんのことは勿論知りませんから、あなたの名前を記載するでしょう。そう記載したことで、「虚偽記載」とされ、今回のように逮捕されてしまったのが西松事件なのです。

もし、これが有罪となるのであれば、これは今までの政治資金規正法に前例のないこととなり、献金問題の根幹を揺るがすものとなります。なぜなら、お金の拠出者を政治家サイドで全て把握することはほぼ不可能であり、そうすると「虚偽記載だらけ」となるからです。要するに、献金を受けている政治家のほとんどを逮捕しなければならないということです。



2.政治団体はダミーなのか

しきりにマスコミの報道では、政治団体はダミーだったと騒がれておりますが、これは「嘘」です。ダミーの“可能性”があるという点では否定はしませんが、あくまでも可能性だということです。なぜなら、どこからがダミーでどこからが政治団体かという判定が非常に難しいため、正確な判断はできないからです。これは専門家も仰っていることです。つまり、検察はこの部分を争点にはできないということです。しかしながら、マスコミでは、あたかもダミーから献金を受けていたとして、小沢氏のイメージダウンに利用していますが。


3.なぜこの時期なのか

野党最大勢力の代表の秘書逮捕をこの時期(総選挙前)にやるということは、選挙の結果に多大な影響力を残すわけで、検察に選挙結果を情報操作する権利があるのかということです。選挙と言う、国家の根源にかかわる政を行う前段階の時期に、前述したような「悪性ではない虚偽記載」で逮捕・起訴するのではなく、選挙が終わってから行うべきなのです。

もし、仮に100歩譲って検察の強制捜査を認めたとしましょう。ならば、虚偽記載に相当悪質な問題が出てくる必要があります。もし、これで虚偽記載以外の何も出てこないのであれば、これは大問題です。誰が見ても、今回の検察の動きは「選挙を意識した国家権力の乱用」だったとして見ることでしょう。

そして、小沢氏は選挙で負け、謀略が勝ったという事実だけが残る。天下り、規制緩和、アメリカ従属型政治は変わらないし、今後ますます変えることはできなくなります。なぜなら、また変えようとすれば、その人が国策捜査によって逮捕されてしまうからです。

つまり、この謀略を認めてしまえば、今までやってきた痴漢等の冤罪を今後も横行させることになるということです。



サンデープロジェクト等で西松建設の検察の動きについて語ってきた、元検察OBの郷原信郎氏。この方のお話を聞くことで、西松建設の全容が見えてくるかと思います。



謀略を許すような国家に絶対にしてはいけません!

小沢一郎は辞任してはいけない

小沢さんの秘書官の不自然な起訴。ここは、本当にキナ臭いにおいがします。当然ながらこの捜査は西松建設から同様に献金を受け取っていた森元首相には及ばないでしょう。それが、日本人が信じる虚像の民主主義なのです。

鈴木宗男×田中良紹×高野孟 「小沢一郎は辞任するな!」

田中良紹×高野孟「世にも不思議なニッポンの民主主義」


こういった風な手法で、国民をすっ飛ばして一部の人間だけで政治を動かすのは本当に良くありません。この一連の検察の行動とマスメディアの情報戦は簡単に言うと、国民に適切な判断をできないよう洗脳し、一部の人間の都合の良いように政治を動かすということと同義語なのです。



企業からの献金を全面禁止

民主党の小沢代表が、企業・団体献金の禁止を提案されました。しかし、現実にそれが実行される可能性は低いようです(当然かも知れませんが・・)。

●社民党 保坂展人氏のブログ
規正法のみで起訴した西松建設事件が問うもの

以下、抜粋↓
小沢代表が「やるのであれば」と前置きをして「企業・団体献金の禁止」を言い出したことに注目をしたい。「やるのであれば」から「ぜひやろう」と野党共同で方針化できるといいなと思う。(中略)ただ、半世紀以上にわたってどっぷりと企業・団体献金に依存してきた与党政治家の体質から考えると、実現する可能性は低いのではないかと思う。


しかし、今の政治資金規正法ではまたこのような問題が勃発しないとも限りません。しかも、政治団体を作り上げることで特定のある人物を冤罪で嵌めることも不可能ではありません。マスコミが報道しないことですが、小沢代表に説明を求めるより、なぜ架空の政治団体を作る必要があったのかと、それによって公共事業の受注(見返り)があったのかなどを西松建設側が説明をする必要があるのではと思います。

なぜ、そこは追及されないのでしょうか?(小沢代表の秘書の件以外で)痛い腹を探られたくないからでしょうか?
プロフィール

ブログへのご訪問ありがとうございます。イブネと申します。大阪で小さな会社を切り盛りしています。趣味は政治哲学です。

コメント、トラックバック大歓迎です。

[新訳]大転換

経済の文明史 (ちくま学芸文庫)

新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき

雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)

TPP亡国論 (集英社新書)

救国のレジリエンス 「列島強靱化」でGDP900兆円の日本が生まれる

記事検索
  • ライブドアブログ