韓国、日本の北ミサイル迎撃を容認 日韓首脳会談で

メディア、世論でこぞって「迎撃すべき」としているこの北朝鮮の人工衛星問題。

しかし、この案件には裏があります(当然ですが)。なぜなら、この時期の北朝鮮のミサイル発射には、多大なデメリットは存在しても、メリットの方には乏しく、不自然な事柄だからです。

金総書記というのは、日本のマスメディアではトチ狂った独裁者のように報じられています。しかし、あれほど緻密に戦略を練っている人間をそういう風に考えるのは、無理があるというものです。彼は、地理的に恵まれない環境下で大国を相手取っていることからしても、頭の悪い人間では決して無いということです。

ですから、後にも引けず狂ってミサイルを飛ばしてくるということは、まずありえないでしょう。しかし、この時期になって、いかにも“ありそう”だか、絶対にありえない北のミサイル発射。

なぜこの時期に?何の為に?
そういう疑問や不自然な論点には全く触れずに、迎撃すべきかどうかだけを報道しているメディアを見ていると、何かを隠し、何かを狙っていると考えるのが妥当ではないでしょうか。

ですから、
これもなんてことの無い何かの出来レースでしょう。

例えば一番思いつきそうなものを挙げると、情報操作による株価を釣り上げ。これは、富裕層のちょっとした小遣い稼ぎです。他には、某政党のイメージアップも狙っているかもしれません。