まずは
ランキングのクリックをお願い致します。



G7での記者会見。左から、篠原尚之財務官、中川昭一前大臣、白川方明日銀総裁。彼らの表情の異様さはいったい何を意味しているのだろうか。
nakagawa以前、中川昭一元財務省がG7での記者会見で、もうろう会見を行ったが、この事件の裏に何があったのか、明記しておきます。

中川昭一氏は、アメリカに「米国債をこれ以上、不必要に買いたくない」「ニューヨークで起きた金融破綻で世界中が迷惑している。アメリカにまず責任を感じてほしい」と堂々と言っていたようです。米国経済は、日本と中国の援助がなければ、もうやっていけない国家だから米国債買い増しを続けてくれないと困ります。ですが、中国に対しては非常に下手に頼みに行くのに対し、日本に対してはアメリカは非常に横柄な態度(金を出して当たり前)をとるようです。


日米「振り込め詐欺」大恐慌―私たちの年金・保険は3分の1に削られる より一部抜粋)
「麻生たたき」は、麻生首相と中川昭一大臣が、昨年11月から「これ以上はアメリカ国債を不必要に買わない」と決めた時から始まった。アメリカが日本のメディア(テレビ・新聞10社)を使って始めさせたものだ。前ブッシュ大統領と麻生首相はよく似ている。アメリカの大企業創業者一族のボンクラ三代目たちの代表であるから、彼らから愛される人だ。どちらも発言は正直であけすけで、つねに単純愛国的である。経営者階級の習性をよく身につけた人々である。麻生首相は、アメリカの逆鱗に触れて謀略で失脚させられた中川昭一を、同僚としてかわいそうだと思いながらも、中川昭一が示した抵抗の果実(結果)を自分のものにして、あと少し政権にしがみつく。オバマ大統領に直接会って2兆円払った(2月23日)。外国首相としてオバマと初会談した。しかしたった1時間会っただけで、国賓としてのパーティもなしで麻生は追い返された。
中川昭一はイタリアのローマのG7のあとの記者会見の席で、酒に酔ったまま応答したとして醜態をさらしたことになっている。(2009.02.24)。そして帰国後追い詰められて辞任した(17日)。このローマでのG7で、彼はワイングラスの中にクスリを盛られたのである。ロバート・ぜーリック世銀総裁との会談のあとだったようだ。怪しい日本人女記者たちとの30分の食事の時に、ワインに特殊な薬を入れられたようである。それで記者会見でろれつが回らなくなり、ひどい体調不良を示した。日本人の記者団相手の記者会見だったのに、なぜか即座に世界中に放映された。これはアメリカの意を体現する日本の財務官僚たち(の一部)も噛んでいる。


中川昭一前大臣は、私が思うに、愛国者です。国を想って、これ以上不必要に米国債を買いたくない、と面と向かって言ったのだから愛国者なのです。今の日本にそんな発言をできる人がいったい何人いるのでしょう。遠吠えなら誰でもできるのでしょうけど、謀略を恐れず、面と向かって言える人はほとんどいないのではないでしょうか。良いことばかりを並べてはいても、政権をとっていざ発言する立場に立ったとしても、どうせ大半は「長いものには巻かれよ」的な対応になるに違いないのですから。だからこそ、勇気ある優秀な政治家は、私達が守らなければいけないのです。

私達が汗水垂らして作りだした日本の富が、国家中枢の期間からや金融ゲームで いとも簡単に流出してしまっています。米国債だけで毎月1.8兆円、年間21.6兆円のお金が流出しています。