政治ジャーナリストの上杉隆氏に関しては、
いったいどこのポジションにいる人間なのか、私も測りかねていました。
それは、毎回言うことが変わるとまでは言わないですが、
ポジションがコロコロ変わるからです。(今はホリエモンと仲が良いようですが)

その件について、
とてもおもしろい記事をありますのでご紹介します。

上杉の思想的根拠は、いったい、何処にあるのか。「売れればいい」という市場原理主義なのか。それともテリー伊藤なみの風見鶏なのか。あるいは、何か、人には言えないような政治哲学でも密かに持ち合わせているのか。


引用元は山崎先生のブログです。
Source 政治ジャーナリスト上杉隆こそ即刻退場せよ。

なるほどなー、と。
やはり上杉氏もそちらの系統の方なのかもしれませんね。
なんとなく臭いはしていますが。

ジャーナリストに限らずこのような人間はどこの業界にでもいるものです。
スパムや検閲行為を正当なこととしているWEB屋がいるのと同じで。

彼ら(スパミーなWEB屋)はWEBが好きだからやっているのではなく、
基本的にはマネーなんですね。

しかし、業界をクリーンに保っていくには、
その業界にいる人間が情熱を持ち、より良いサービスを作りだす、
というある意味、職人気質なところが少なからず必要です。
(もちろん、マネタイズも考える必要はあります)

いつもお世話になっているWEBにゴミ(スパムサイト)を
撒き散らす業者の行為は、私には全く理解しがたいのですが、
彼らにとって、周辺がゴミだらけになろうが、何ら関係のないことなのでしょう。

おそらく、
ジャーナリストも同じようなものではないでしょうか。

特にこの業種は、費用対効果で考えていけばいくほど、
幹となる思想を失ってしまいそうな職業だと思います(私の勝手な予想です)。

そして、そういう人はかなり多いと思われます。
特に大手マスコミの常連クラスともなれば、
ほぼ確実に忠実な犬と化していることでしょう。

金や権力に弱いジャーナリストほど扱いやすいものはなく、
メディアへの露出も必然と増える傾向にありますので厄介な話です。

上杉氏に関しては、もう少し様子を見て判断しようと思いますが、
山崎先生の仰ることに矛盾は無く、至極正当なことのように思います。

Source 政治ジャーナリスト上杉隆こそ即刻退場せよ。