豊中ではたらく社長のブログ

古びたブログタイトルをそろそろ変更しようと思っている中小企業のおっさんが書いてるブログです

知られざる真実-勾留地にて-

マスコミ

アメリカ米軍がイラクで民間人を虐殺しても日本のマスコミは静観している件

ご無沙汰しております。リアルの都合上、久々の更新となってしまったのですが、書かずにはいられなかったことがあるので今更ですが更新です。

先日(4/6)、米軍がヘリでイラクの民間人を虐殺している映像がアップデートされました。

詳細はこちらからご覧いただければと思いますが、一部引用させて頂きます。
Re:【米軍の大虐殺:日本のマスゴミ連中はいつものように沈黙中w】米軍ヘリが記者を銃撃、当時の映像がネットで公開に

この事件は07年7月、イラクの首都バグダッドで米陸軍ヘリがロイター通信のフォトジャーナリストを武装集団だと思い込み、この2人を含む12〜15人を射殺したとされる。
(中略)
地上にいる数人が機関銃で撃たれ、フォトジャーナリストとみられる1人が死亡。また、負傷した様子で路上に横たわっていたもう1人のフォトジャーナリストとみられる男性が、数人に助けられてワゴン車に運び込まれるところを再度銃撃を浴びる様子も映っていた。


米軍ヘリによるイラク民間人射殺の光景

米軍ヘリによるイラク民間人射殺の光景

米軍ヘリによるイラク民間人射殺の光景

米軍ヘリによるイラク民間人射殺の光景



こちらが日本語での解説付きの動画です。
或る米兵の告発と謝罪

どうやら、米軍によるイラクの民間人虐殺は日常的に行われているようですね。大手マスコミはこういった類の報道は静観を決め込むので、多くの日本人は、米軍が正義の為に戦っていると思っているかもしれません。

「イラクは核兵器を持っている悪い奴だ!911事件の主犯はアルカーイダだ!」と言った印象を受けかねない報道しか流しませんから、当然と言えば当然ですが。

しかし、
・アメリカがイラクへの先制攻撃の理由として掲げた「大量破壊兵器」は一切出てこなかった
・911事件の主犯がアルカーイダではない事実が次々と出てきている
参照:911の嘘をくずせ-ルースチェンジ2 完全字幕版 No.1

このようなことから、イラク戦争を支持する理由など、どこにもありません。ではなぜアメリカは執拗にイラクを攻撃し続けるのか。

それは、以下のようなことが言われています。
・イラクによるドル体制への反逆

要するにビジネス的に戦争が行われているわけですが、詳しいことはこちらからご覧ください。実に分かりやすい解説がされています。
ドル崩壊〜世界は2度と元の姿に戻らない

かんぽの宿問題がマスコミに無視され続けている件

まずは
ランキングのクリックをお願い致します。



国会では日常的にかんぽの宿問題が議論されているのですが↓。

↑本日も自見庄三郎氏が怒号をあげておりました(上の動画は本日のものではありません)。

国会では小泉元総理、竹中平蔵氏、西川善文氏らを実名を挙げて「売国奴」と表現しているにも関わらず、マスコミではこの問題を取り上げるどころか、初めから無かったもののような態度を示しています。

このような態度は、この相関関係が示している通りです。



総額2400億円の資金を投じ建設されたかんぽの宿は、109億円という通常ありえない格安の値段でオリックスに売却されるように仕組まれておりました。もちろん、それらの物件の固定資産税評価額は約857億円に上り、価格が適正でないということは証明されております。

にも関わらず、特定企業(オリックス)に入札させる出来レースのようなことが平然とおこなわ続けているわけです。このような行為は当然ながら背任行為と言え、西川氏の続投論は理にかなったものではないということが言えます。


竹中平蔵氏はかんぽの宿問題について、「赤字だから売って民間に任せた方がいい」ということをしきりに仰ります。ここにも不可解な点はあります。それは、本当にかんぽの宿は赤字だったのだろうか?ということです。

信じがたいことではありますが、ここには巧妙な工作が密やかに進められていたのです。

その工作とは・・、
竹中氏は会計基準の見直しを求め、それによりかんぽの宿は帳簿上、減価償却期間を60年から25年に短縮となり、赤字経営とすることに成功させたというわけです。つまり、作り上げられた赤字と言ってもよいでしょう。これで、あのような極めて不当な評価額が算出されていたというカラクリです。

これを不当と言わずになんというでしょうか。まさにこの動画にある通りです(この動画をできるだけ多くの人に広めてほしいです)。



かんぽの宿の問題につきましては、こちらの経済学者の植草氏のブログも併せてご覧頂くと理解が深まります。
鳩山邦夫総務相の政治生命を決す日本郵政人事(植草一秀の『知られざる真実』)


※竹中平蔵 氏 プロフィール
・経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、内閣府特命担当大臣(金融担当)、内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)、総務大臣(第6代)等を歴任
・実兄の竹中宣雄はミサワホーム社長
ミサワホームの三澤元社長に刑事告発される
・累進課税を否定し、格差を助長する人頭税(収入に関係なく一律に課税する)の導入を推奨していた
・「問題は、今の正規雇用に関して、経営側に厳しすぎる解雇制約があることだ」と述べた
・「社会的に解決しないといけない大問題としての貧困はこの国にはない」と述べた
・「郵政の問題について外国の方から直接要望を受けたことは一度もない」と言いながらも米国通商代表ロバート・ゼーリックから、郵政民営化において米国は密接な協力を続けることを望んでいるというような主旨の手紙を受け取っている。また米国政府は2004年4月以降18回「簡保を郵便事業から切り離して完全民営化し、全株を市場に売却せよ」と日本に要求している。しかし、その米国の郵政は民営化されておらず国有のものである。
IQ(知能指数)の低い層にターゲットを絞った広報戦略を示した資料(3P参照)が出てきている
NHK民営化にも乗り出したが、小泉首相(当時)に否定的な見解を示された為、頓挫
・竹中氏の実績として、就任前の2000年にはGDP(購買力平価ベース)世界3位であったが、5位(2001年)、7位(2002年)、10位(2003年)、11位(2004年)、14位(2005年)、18位(2006年)となっている
・政界引退後「日本の経済がなかなか元気にならないのは改革をやり過ぎたからではなく、改革を止めてしまったからだ(解雇制約の撤廃)」と述べている


※郵政公社 西川善文社長 プロフィール(ウィキペディア参照
住友銀行、三井住友銀行元頭取。三井住友フィナンシャルグループ元社長
・大手銀行の頭取としては珍しく『報道2001』『サンデープロジェクト』などのテレビ報道番組にも頻繁に出演
・竹中平蔵前総務大臣と親しく、日本郵政社長就任に竹中の強い意向があったとされている。
↑誰かさんとダブって見えないだろうか・・・


<かんぽの宿に関する関連記事>
「かんぽの宿疑惑」と「小泉竹中政治研究−その金脈と人脈」
野党三党、鳩山総務相に日本郵政社長の解任要請・刑事告発


<他に明確となっている郵政公社の不当な売却事案>
・かんぽの宿(鳥取県岩美町)を土地代含め1万円で売却。さらに業者は半年後に鳥取市の社会福祉法人に6000万円で転売
・250億円を投じたメルパール伊勢志摩をたった4億円で売却
・210億円を投じたメルモンテ日光霧降をたった7億円で売却
これらの売却損は、本来なら郵貯利用者が受け取るはずだった逸失利益です。

小沢代表辞任 有識者の反応は?

まずは
ランキングのクリックをお願い致します。



小沢代表の辞任後、マスコミによって一斉に新たな攻撃が始まりました。マスコミの動きを随時確認していれば、その戦略が手に取るようにわかります。今後、マスコミが小沢氏に対し攻撃してくるであろう部分を考察してみます。

ところで、マスコミというのは何か新たな事件が起こった時、当日に足並みが各社揃わなくても、次の日は必ず足並みを揃えますね。見事に同じ主張をしてくれています。誰か同一の人物から「台本」でも渡されているのでしょうか?そんな疑いさえ持ってしまうほど、偏向した報道ですね。
※偏向報道に対する放送法の改正を求める署名にご協力ください。

でも、昨今のマスコミの体質は、「権力者側(※悪徳ペンタゴン)が今どうしたいのか」「何を排除したいのか」という悪徳ペンタゴンの主張が露骨に出ており、何を考えているのかとても分かりやすいです。

これを良い意味で捉えると「反転攻勢を掛ける為の戦略を立ててやすい」、
悪い意味で捉えると「影響力のあるメディアを占拠されているがゆえに力負けする可能性がある」というところでしょうか。


いつもの如く青山さんがテレビに出て熱く語っておりました。しかしながら、身内の鴻池祥肇官房副長官のダブル不倫スキャンダルについては、わずか2分しか喋りませんでしたけれども。確か、この鴻池氏は以前、議員宿舎に美人妻(不倫相手)を泊まらせて機密情報の漏えい疑惑まで取り沙汰されましたね。青山さんはそれには触れず、「ショックだった〜」と必死に庇(かば)っているご様子でしたが。

小沢氏の批判には約22分に亘り、繰り広げられています。この人、小沢氏批判の時も熱いんですが、インフルエンザの宣伝の時も物凄く熱い人なんです。幅広いジャンルをカバーされていることは凄いと思いますが、なんというか、扱っているジャンルに、青山さんの権力に忠実なお人柄がよく出ています。

●スーパーニュースアンカー 青山繁治(09.05.13)小沢辞任について



・小沢→剛腕→威嚇(脅し)→恐い というイメージを植え付けたい。
・小沢氏は説明責任を果たしていない、まだ罪を認めていない。
・小沢氏は議員辞職すべきだ。
・小沢氏は検察に圧力をかけて、権力乱用により無罪を勝ち取ろうとしている。
・鳩山氏、岡田氏が代表となるなら小沢氏が代表の時と同じである。

「子供かよ」そんなツッコミを入れたくなる映像でしたが、マスゴミの主張はこんなところのようです。


この「地元の声を聞くべきだ」ということに関してですが、マスコミの偏向ぶりが明らかとなるような記事を見つけましたので転載します。下記です↓。

民主党の中井洽(ナカイヒロシ)議員のWEBサイト

小沢さんの辞任の挨拶は大変力強く思いがこもった良い表明だった。特に自分が身を引いて、党の一層の一致結束が図れるならこれに勝る事は無い。役を退いても政権交代を実現するため全力を尽くすときっぱり言い切ったが、皆が一番望んでいる言葉だった。小沢代表の辞任の決意を了承して頂けるかという議長としての僕のしきりに、小沢代表一人が大きな声で異議無しと答えたのには思わず笑ってしまった。改めて異議無しで皆の了解を得た。
 僕から「今日まで3年間、小沢代表が獅子奮迅の活躍で党の先頭で頑張って頂いた事に心から敬意と御礼を申し上げる。今後とも只今のご挨拶にあった様に勇猛心を奮い起こして政権交代実現の為、頑張って欲しい。常任幹事会を代表してご挨拶を申し上げる。」と述べ満場の大拍手で小沢さんも満足そうに頭を下げていた。


 鳩山幹事長から16日土曜日、両院議員総会で現職国会議員だけで代表選出選挙を実施したいという提案があった。過去、歴代代表が中途で退任したとき規則にのっとって、両院議員総会で決めてきた。当然の提案だと聞いていたが、北澤副代表から次期衆議院の候補者、総支部長等を有権者として幅を広げるべきだと提案があった。小沢代表が手を挙げたので、僕が指名したところ、北澤さんの話とも思えない。もし、有権者を広げるというなら、規約を変えなければならない。辞めた代表のもとで規約を変える事は選挙前に突然、有権者を増やす事になって、民主主義のルールが崩れると激しい答弁があった。北澤さんもすぐに手を挙げたが、僕はこの論争が折角の小沢代表退任の空気を目茶苦茶にしかねないと思い、弱ったなと一瞬考えたところに前原さんが手を挙げられたので、前原さんを指名した。
 ところが、北澤さんが自分が言うべきだと思って発言をし始めたので、僕は前原さんを指名したと申し上げ、前原さんに発言を促した。その後、北澤さん、松木さん、小川さん、古賀さんと賛否それぞれの議論が続いた。他に質問や意見が無いのかと尋ねて、無さそうなので執行部の提案通りご異議ありませんか?と聞いたら、異議無しという圧倒的発声で決定された。13日の読売の1面には僕が議論を打ち切ったと書いてあったが、全く酷い話だ。もっと充分、取材をすべきだ。
 又、朝日新聞には小沢代表が一人で大きな声で異議無しと言って押し切ったという記事が載っていたが、これもさっき述べた様に自分の辞任に関しての異議無しの発言をあえてぼやかして書いて誤解を与えている。全く、ここ2ヵ月余りのこれらの報道機関の小沢代表に対する悪意があるとしか思えない。妙にうがった報道には困ったものだ。


 最後の常幹の終わりに、長年、ご協力を頂いた御礼を申し上げ、拍手の中で会議を終えたが、僕のアイデアで写真を撮ろうという事になった。3年間、少し人の出入りはあったが、このメンバーで党の最高決定機関を運用してきた。40人を超える人数だから、なかなか食事をという訳にもいかず、最終日になったので、せめて写真だけをと考えてお願いし、皆、珍しい事だとか初めてだとか、子供みたいに写真にはしゃいで加わってくれた。和やかな空気の中で散会出来てよかった。

やはり、マスコミの報道とは随分、開きがあるようです。民主党内の亀裂をマスコミは必死に演出したいのでしょう。小沢氏だけはどんな手を使ってでも排除すべき、ということでしょうか。国民はそんなことを願っているのでしょうかね。

今後もマスコミは「説明責任の不足だ!」と煽り、議員辞職の要求や小沢氏の影響力の排除を徹底的に報道していくことでしょう。しかし、なぜ小沢氏は追及されなければいけないのか?争点はそこです。
※西松事件の不公平な強制捜査


社民党議員の保坂氏が先日、元検察の郷原信郎氏と対談した際、西松建設事件の問題についての根幹にかかわるお話をされていました。下記はブログです。

●「保坂展人のどこどこ日記」(社民党)
小沢一郎民主党代表の辞意表明を受けて

記者会見で小沢氏は、「総選挙での政権交代の実現」「挙党一致体制の確立」を繰り返した。3月3日の大久保秘書逮捕当時の「国策捜査批判」も、その後に提唱した「企業団体献金の廃止」にもまったく言及がなかった。私は、野党第一党とはいえ他党の代表である小沢氏の進退について「辞めるべき」「続けるべき」などと口を挟むつもりはそもそもなかった。「郷原信郎×保坂展人」のトーク1の部分で議論したように、今回の政治資金規正法違反事件の強制捜査(大久保秘書逮捕)は、相当に無理があると思っているし、自民党の二階経済産業大臣の疑惑への捜査も「自民党には及ばない」(漆間官房副長官)の予言がその通りになっていることにも疑問を持っている。


保坂氏の指摘する通り、今回の強制捜査は多々おかしな点がございます。詳しくはこの動画をご覧ください。「もしこの事件が有罪になれば、献金制度の根幹に関わる。ほとんどの献金が違法になる。」と述べられているのが印象的です。




さて、いつもながら植草氏のブログはとても参考になります。

●「植草一秀の知られざる真実」(経済学者)
逆風を順風に転じさせる小沢民主党代表の英断
3月3日の小沢秘書逮捕は、結果的に振り返ってみても、筋の悪い「政治謀略」であったことは明らかである。本来、民主党は党を挙げてこうした「政治謀略」に抵抗するべきであった。「謀略」に屈服することは「謀略」を容認することであり、「謀略」を助長するものである。

この意味で、民主党は党を挙げて「政治謀略」を糾弾し、小沢氏代表体制を維持して総選挙に臨むべきであった。

ところが、この「正道」が二つの要因で維持されなかった。第一の要因は、一部民主党議員の腰の引けた対応が際立ったことだ。民主党内部には反小沢代表派の議員が少なからず存在する。こうした議員が、今回の「政治謀略」を党内政治に利用したことは極めて残念なことであった。


第二の要因は、「悪徳ペンタゴン」が小沢代表失脚を最重要目標に定めて、情報操作・世論操作を担う「御用メディア」が総力をあげて小沢氏攻撃を継続したことである。不正で低劣な情報操作だが、総力を挙げて展開されれば、総選挙にも影響が生じることを否定し切れない。

この二つの要因を踏まえ、小沢代表は「正道」を維持することを断念し、総選挙での勝利、政権交代実現を優先して、断腸の思いで代表辞任を決断したのだと思われる。


そう。西松建設事件そのものが悪質極まりない国家権力の乱用なのです。小沢氏に謝罪責任・辞職要求を突きつける以前に、この事件の不透明さを暴いていくことがマスメディアの使命なのです。その与えられた社会的使命を全うせず、謀略に加担するのであれば、それは存在価値の無いモノです。少しでも早く、日本のマスメディアが長いトンネルから抜け出せることを願います。

ジャーナリズムとは?

ジャーナリズムとはいろいろな定義が存在しますが、一般的には「しがらみを持たない中立公平の立場で真実を追及する精神」のことを指します。つまり、外圧に左右されることなく自分の信念の元、真実を追及できる人というのが「ジャーナリスト」です。

しかし、テレビや新聞などに登場するジャーナリストの現状はどうでしょう?テレビの報道番組では明らかに外圧の影響を受けていると思われる発言が止まることなく飛び出します。ジャーナリストと称するにはあまりに無理があり、むしろ「レポーター」「電波役者」という表現の方がしっくりきます。

ですが、このような電波役者達の気持ちもわからないわけでもありません。なぜなら彼らも組織に属する一員ですし(名目ではフリーと言う立場でも仕事を継続的に貰って生活している)、もし意向に反する発言をすればたちまち画面から消滅するわけですから。そもそも日本人は上の人間に対しては良い意味でも悪い意味でも忠実な人種です。電波役者と呼ばれる人達が氾濫するのも仕方のないことかもしれません(仕方がないと言ってはいけないですが)。

このことを元ニューヨークタイムズの記者だったジョン・スウィントンは次のように名演説しています。

「今日のアメリカにおいて、報道の自由などというものは存在しない。わたしは正直な意見を新聞に書かないことで給料をもらっている。われわれは金持ちたちの舞台裏の道具であり、召し使いだ。われわれは知性の売春婦なのだ」
参考:ライブドアPJニュース

うますぎです。苦笑
でも個人的には権力に屈せず堂々とした発言をする人をブラウン管の中で見たいものです。

ジョン・スウィントン氏の演説からもわかるように、私たちは常日頃から情報による攻撃を受けているのかもしれません。

私たちはこのような偏向報道の洗脳から身を守る為にも、ある程度の知識と情報を読み解く力を身につけなければなりません。情報を読み解く力とは、例えば「ある●●関係者はこう語っています」という情報の大元が明確にされていない報道は信じないといった対応力のことです。なぜ信じてはいけないかというと、そのようなに曖昧な情報は嘘をデッチ上げている可能性が高いからです。信じるに値しない情報は遮断する必要があるのです。

第4の権力者マスコミの思惑通りにさせてはいけません。


●こちらの産経新聞の捏造疑惑も同時にお読みください。

テレビ朝日が倫理違反を謝罪

こちらのブログで、テレビ朝日が放送倫理違反について、5日放送の「はい!テレビ朝日です」の中で謝罪したというニュースが掲載されていました。謝罪内容は、「報道ステーション」の重大な放送倫理違反、そして「情報整理バラエティー ウソバスター!」の自作ブログによるヤラセがあったことについてです。

しかし、この謝罪放送を見てどれほどの方が納得できたでしょうか?多くの視聴者が「またやるんじゃねーの?」と思っってしまったのではないでしょうか。事実、テレ朝の今までの事例から見ても、謝罪してはまた偏向報道という繰り返しのようにも思えます(というか、そうなのですが)。昔起こった椿事件からも彼らの姿勢が伺えるように、報道部門に関しては政治思想を番組に組み込むことが当たり前という感覚させ持っているように感じられます。

テレビ朝日系列の「サンデープロジェクト」や「朝まで生テレビ」を一度、ご覧ください。テレビをぶっ壊したくなりますから。苦笑

サンデープロジェクト:田原総一郎の偏向ぶりに呆れた

サンデープロジェクトの件に関しては、理論的で素晴らしい見解を経済学者の植草さんが示してくださっています。

以下、抜粋させて頂きます↓
要するに、田原氏は何とかして小沢氏辞任の流れを作り出したいのである。これは、田原氏の判断ではないと考えられる。田原氏は与えられたミッションを懸命に、忠実に果たしているのだと考えられる。田原氏がこの発言を繰り返せば繰り返すほど、「小沢氏続投は明らかに自公政権に不利である」との悪徳ペンタゴンの叫びが鮮明に聞こえてくる。・・・(中略)検察の摘発に正当性がまったく存在しないことを踏まえれば、マスメディアの異常な偏向報道の連続は、「小沢氏失脚工作が存在している」と断定せざるをえない。


これを見ればよくわかるのですが、それでなくてもある一定の政治に対する知識を身に付けていれば、テレビに出てくるコメンテーターやジャーナリストの的外れな発言にはつくづく呆れてしまうことでしょう。表面、もしくは偏った側面だけを見て議論する彼らを見ていれば、日本のメディアのレベルの低さが見て取れます。真実を明確に表現せず、偏った報道を視聴者に届けるキー局をこのままにしておいて良いものでしょうか。

メディアとは、力のある権力です。かの歴史的改革者ナポレオンもメディアのことをこのように表現しています。
「敵意のある三つの新聞は、千の銃剣よりも恐ろしい。」

メディアが国家をも揺るがすことが不可能ではないこの時代、メディアを管理するものとしてそのことを肝に銘じておく必要があるのではないでしょうか。言論の自由の無い日本には、北朝鮮や中国を批判する権利などありません。



プロフィール

ブログへのご訪問ありがとうございます。イブネと申します。大阪で小さな会社を切り盛りしています。趣味は政治哲学です。

コメント、トラックバック大歓迎です。

[新訳]大転換

経済の文明史 (ちくま学芸文庫)

新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき

雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)

TPP亡国論 (集英社新書)

救国のレジリエンス 「列島強靱化」でGDP900兆円の日本が生まれる

記事検索
  • ライブドアブログ