豊中ではたらく社長のブログ

古びたブログタイトルをそろそろ変更しようと思っている中小企業のおっさんが書いてるブログです

知られざる真実-勾留地にて-

バナー

WEBバナー指南書

先日、WEBバナー指南書というバナーの教材を
インターネットから買ったのでレビューしてみようと思う。

僕はバナーの作成は昔からフォトショップでやっていたので、
苦手でもないし、どちらかというとできる方だと思う。

でも、なんだか販売会社さんからの積極的なメールによって、
段々と商品が気になってしまい、購入に至ったというわけです。

結果を先に言うと、
購入して正解です。

ただのバナー制作教材ではなく、
販売者独自のエッセンスが入っており、
バナー制作以外の面でも非常に参考になることが多かった。

セールスレターと呼ばれるHPテンプレートもついており、
見込み客リストを収集してからのクロージングまでの流れも
とてもスムーズに行っている気がするので、そういった実践的な
ことも踏まえた上でのバナー作成だということも勉強になります。

非常に良書ですね。

書籍本では到底得られない希少な情報というのが、
情報商材には多い気がしてなりません。


フォントいろいろ

バナーやワードアートなどグラフィック系統を編集する際、重宝するのが「文字フォント」です。

フォントを変えれば、それだけでイメージが激変することがあるので、WEBデザイナーの人達は、高額なフォントを自腹を切って買うことも少なくありません。

それほど、グラフィックに与える影響が大きいものなのです。

一般的に文字数の多い、「和文フォント」はなかなか無料のものはありません。しかし、欧文であればかっこいいデザインのものでも無料で手に入ることが多いです。

そういうかっこいいデザインフォントをフリーで配布しているサイトがこちら。
●フリーフォント大前線
http://www.akibatec.net/freefont/index.html

こういうフォントなど、かなりの数があります。

font


プロフィール

ブログへのご訪問ありがとうございます。イブネと申します。大阪で小さな会社を切り盛りしています。趣味は政治哲学です。

コメント、トラックバック大歓迎です。

[新訳]大転換

経済の文明史 (ちくま学芸文庫)

新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき

雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)

TPP亡国論 (集英社新書)

救国のレジリエンス 「列島強靱化」でGDP900兆円の日本が生まれる

記事検索
  • ライブドアブログ