このエントリーをはてなブックマークに追加
橋下維新の会が、大阪市長選の際にとんでもないでっち上げを行った件に対して、マスコミも世論もスルーしているのが現実です。ここでは保存版として、大阪市長選リスト捏造関連問題の経緯と当時のソースを時系列順に分かりやすくまとめました。

大阪市職員捏造問題 発端と事後の経緯


2011年 ダブル選挙前に開かれた維新の会の区民会議で杉村幸太郎市議が大阪市職員Aと知り合う

2012年2月 杉村幸太郎市議は大阪市職員Aとメールや電話で連絡を取り合い、職員情報を記載した「知人・友人紹介カード」配布・回収リストなどの内部情報を得る

杉村幸太郎市議「交通局と組合が組織ぐるみで市長選 に関与していたことを裏付けるものだ」と判断

2月6日 橋下氏、組合員が市長選に関与していたとして大阪市労連と公務員を厳しく批判
http://twitter.com/t_ishin/status/166423118011826177
http://twitter.com/t_ishin/status/166420990228836352

2月8日 大阪市職員A「偽物かも」と杉村幸太郎市議にメール…追及2日前

2月10日 維新の会、交通局を追求「はっきりとした恫喝(どうかつ)ですよね」

3月15日 維新の会市議団、大阪市交通局に対し、公職選挙法違反の疑いで大阪地検に告発する方針を固める

3月26日 大阪市職員Aの提供した情報は自作自演の「捏造データ」であったことが発覚

3月27日 大阪市職員A 維新政治塾に応募していたことが発覚

3月31日 大阪市労連、社会的信用を損ねたとして維新に謝罪要求

維新の会、大阪市労連に対する謝罪を拒否



捏造問題に対する橋下市長の発言


「(捏造には)一切関与していないと聞いている。責任は全くない」
「僕は交通局にリストの信ぴょう性について徹底調査するように指示を出した。まさに裏を取りに行ったのである」
「杉村市議は交通局に調査するきっかけを与えた。そして交通局が調査をして、職員がねつ造したことが判明した。これも立派な議員活動の成果じゃないか。」
「もし一般市民の事柄に関して事実誤認があれば、これは問答無用で謝罪をすべきであろう。しかし今回は、公務員の労働組合と役所に関することだ。市民から見れば、税で支えられている集団に変わりはない。」
「謝罪をしなければならないということになれば、委員会の非公開という議論にも繋がりかねない」
「法律家として危ないなと感じていた」
http://twitter.com/t_ishin/status/186010086823571456
http://twitter.com/t_ishin/status/186016771889840129
http://twitter.com/t_ishin/status/186012565258764288
http://twitter.com/t_ishin/status/186012130250731520
http://twitter.com/t_ishin/status/186010782805393408
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120326-OYT1T01083.htm



大阪市職員Aとやり取りし、交通局を追求した杉村幸太郎市議の反応


「捏造に一切関与していない」「(労組に)謝罪する気持ちはない」
「議員の調査権には限界がある。詰めるところは詰めて質疑をしており、何一つ間違っていない」
「リストに加工された部分があるという議論は当初、市議団内でもあった」
「質疑をするという我々の責務を遂行した。市議団の指示で、個人で勝手にやったことではない」



職員リスト捏造、市議会で維新への批判高まる




各所の反応とソース



大阪市長選で労組が脅し?内部告発で…(2012/02/06 11:49) ・・・2012/02/13午後3時53分時点で記事削除


大阪市交通局の労働組合が、去年の大阪市長選挙で、現職市長の支援に協力しなければ不利益があると、職員を脅すように指示していた疑いが独自の取材で明らかになりました。

 大阪市交通局の労働組合は、去年11月の市長選で、勤務時間中に現職の平松氏支援のための「知人紹介カード」を集めていたことが発覚し、橋下市長に謝罪しています。さらに今回、ANNが独自に入手した紹介カードの回収リストには、「非協力的な組合員がいた場合は、今後、不利益になることを本人に伝える」との指示が書き込まれていました。
 内部告発者:「正直、恐怖を覚えた。(人を脅す)やくざと言っていいくらいの団体だと思う」
 内部告発を受けた維新の会の市議が、6日朝、事実確認のため交通局に出向きました。
 大阪維新の会の市議:「はっきりとした恫喝(どうかつ)ですよね」
 大阪市交通局・総務課長:「(リストを)ざっと見る限り、(交通局に)在籍している職員。職員コードもほぼ間違いない」
 リストには交通局職員の3割にあたる1867人が並び、政治活動が制限されている管理職もいます。総務部しか知らないはずの非組合員のコード番号も記され、組織ぐるみの疑いが強まっています。

2月13日時点 捏造が発覚する前に記事は削除されている



上記スクープに対し、はてなブックマーカーの反応(2012/02/06)

絶対にあると思ってた 2012/02/06
予想通り 2012/02/06
ハシズムガー() 2012/02/06
大阪市の労組なんてヤクザと一緒だろ。むしろ税金にたかる分ヤクザよりたちが悪い。橋下叩く連中はまずこいつら叩いてからだろ。順番が違う。 2012/02/06
これはヒドイね。よく独裁がどうとか批判できたもんだ。 2012/02/06
やっぱりというか そんなに驚きはしないけどげんなり 2012/02/06
ハシズム連呼が日課の皆さんが苦虫噛み潰してるのでそのままでお待ち下さい 2012/02/06
露骨かつ足がつく犯行なあたり、低能にも程があるのでまとめて馘首しても大した支障はなささうだ。 2012/02/06
ハシズムにファシズムで対抗してたわけですかい。反橋下派は最後のはしごを外されちゃったね。密告奨励制度の一発目として、大火力過ぎんじゃね?免責してもらえるネタ探しが加速すんだろ… 2012/02/06
内部告発誘導に反論してた皆様の顔が熱くなるなw 2012/02/06
あれ?いつも脊髄反射コメしている人たちが見当たらない。前に別の件で保守は身内に甘いとか言っていた人がいたけど、身内に甘いのはどちらなんでしょう? 2012/02/06
氷山の一角。大阪市長選に限らずもう民主主義全般的に 2012/02/06
これまでの市長がどれだけ組合を野放しにしてたかよくわかる。裏で好き放題してたんだろうな。 2012/02/06
個人の「恐怖を覚えた」という感覚を尊重して欲しいですねぇ。所属とか関係なく。 2012/02/06
目安箱のアレ(b:id:entry:77840385)。いやもう、スタートダッシュで大量投稿されたネタの1つって間違いなくコレでしょ。やっぱギスギスしてる所に目安箱ができたんじゃん。誰だよシュタージとか密告社会とか騒ぎ立てた奴。 2012/02/07 これが反橋下の実態か。どんどんボロが出そうだな。 2012/02/07
左翼は常に権力側を嫌悪するが、独裁とか弾圧とかを行うのは何も権力側に限らない。橋下氏が登場する前は、労組による独裁と弾圧が大阪を支配していたのだ。 2012/02/07




元職員「偽物かも」と維新市議にメール…追及前

大阪市交通局の元嘱託職員(解雇)が、昨秋の市長選を巡り、前市長の支援を求める労組名義の職員リストを捏造(ねつぞう)していた問題で、元職員からリストを提供された大阪維新の会市議団の杉村幸太郎議員が、2月の市議会でリストを基に労使癒着を追及する2日前、元職員から「偽物かもしれない」とのメールを受け取っていたことがわかった。

 しかし杉村議員は元職員を疑わず、組合側にも真偽を確認していなかったという。

 杉村議員によると、2月1日にリストを郵送で受け取り、不審な点などを指摘すると、元職員は同8日に「偽物をつかませてしまったかもしれず、申し訳ないことをした」とメールを送ってきたという。

 しかし、杉村議員は同10日の委員会でリストを取り上げ、「交通局と組合が組織ぐるみで市長選に関与していたことを裏付けるものだ」「信ぴょう性が非常に高い」と追及していた。

 杉村議員は30日、読売新聞の取材に「それまでに元職員から提供された資料はすべて本物だった。リストだけが偽物だとは思いもせず、信じた」と釈明した。




大阪市ねつ造リスト職員は維新政治塾に応募 最低なのは市議会ではなく過ちを謝れない橋下維新の会

2011年11月の大阪市長選の際、市交通局の職員情報を記載した「知人・友人紹介カード」配布・回収リストが作成されたとされる問題で、交通局は2012年3月26日、リストは同局の30代の非常勤嘱託職員の男性が業務上のデータをもとにねつ造した偽物と確認したと発表しました。

 同リストは橋下徹市長率いる「大阪維新の会」に情報提供があり存在が発覚しました。そして、市長選で橋下氏と一騎打ちとなった当時の平松市長を支援するため、交通局職員でつくる大阪交通労働組合(大交)が作成されたものだと追及されていたものです。

 この問題については、橋下徹市長が代表を務める「大阪維新の会」所属の杉村幸太郎市議が2012年2月、内部告発で入手したとして市議会などで「交通局と組合が組織ぐるみで市長選 に関与していたことを裏付けるものだ」と追及しました。

 つまり、このリストは市長選で平松氏を支援した交通労組が作成したかのように主張したわけです。

 これに対して大交は3月2日、「でっち上げだ」として無印公文書偽造などの容疑で容疑者を特定せず大阪地検に告発し、維新市議団も同14日に地方公務員法(守秘義務)違反容疑などで同地検に告発するという泥仕合になっていました。

 ところが結局、この件に限れば、維新の会の追及が全くの誤りで、このリスト問題は同労組に対するでっちあげ、完全なえん罪だったわけです。

 交通局は大交を被害者とした偽計業務妨害などの容疑で、この職員を刑事告発することを検討しています。

 結果として、維新の会は犯罪行為に手を貸したことになるのです。




杉村幸太郎市議 質疑 23分40秒〜 (平成24年2月10日 市政改革特別委員会)
「この名簿リストは、交通局と組合が市長選挙に関与していたことを裏付けるもの」



【激動!橋下維新】“内部告発者”が捏造 大阪市長選リスト問題、維新の組合追及に痛手(1/2ページ) - MSN産経west

大阪市労連、維新に謝罪要求 質問状提出へ

杉村幸太郎維新市議「捏造に一切関与していない」「(労組に)謝罪する気持ちはない」

リスト捏造認めた元大阪市職員は 橋下徹・維新塾に応募していた

大阪市ねつ造リスト職員は維新政治塾に応募 最低なのは市議会ではなく過ちを謝れない橋下維新の会

杉村幸太郎は大阪市議を、橋下徹は大阪市長をそれぞれ辞任せよ
このエントリーをはてなブックマークに追加