豊中ではたらく社長のブログ

古びたブログタイトルをそろそろ変更しようと思っている中小企業のおっさんが書いてるブログです

グローバリゼーションについて考える

グローバリゼーションとは、簡単に言うと、「ヒト、カネ、モノ、情報」が国境という障壁を越えて、世界規模化で自由にそれらが渡り歩けるようになることです。

ちなみに、、「国際化」とよく同じにされることがあるのですが、厳密に言えば国際化は国と国の違いを前提とした概念ですのでグローバリゼーションとはまた意味合いが違ってきます。グローバリゼーションには、国家や国境等の境界線が含まれないのが特徴です。


さて、近年国内では、グローバリゼーションを推す声が日増しに強くなっています(経済界で特に根強い)。

2001年に発足した小泉政権時には、経済財政政策担当大臣として入閣した竹中平蔵氏によって市場原理主義の導入、規制緩和、国家資産の民営化・売却によって経済のグローバル化が進められました。

お金や人やモノが国境を越えて自由に移動ができるようになれば、海外からの資本が流入し、結果経済が活性化、国民の生活も潤うというシナリオです。

しかし、このシナリオには様々な問題点がありました。

例えば、規制緩和の問題点。
建築基準検査機関の民間開放による、耐震偽装問題。タクシーの台数制限撤廃による、運転手の収入減、過重長時間労働、過労による事故増加。最近、メディアでよく話題となる派遣問題も規制緩和の一環によって起こっている問題です。

こうしたアメリカ型の市場原理主義の推進したことによって、日本のGDPは、竹中氏が小泉内閣に入閣する前の2000年の3位(為替レート、購買力平価(PPP)ベース)という位置から、5位(2001年)、7位(2002年)、10位(2003年)、11位(2004年)、14位(2005年)、18位(2006年)と失墜の道を辿っています。

これが、痛みを伴う改革ではなく、“痛みだけが残った改革”だと揶揄される要因でもありますね。

そして、市場原理主義を推進するグローバリゼーションには決定的な問題があります。それは、生産性、消費性の小さい産業が損なわれてしまうという点です。国境等の障壁をとっぱらい、合理性を追求した結果、日本の重要な文化や資産が守られないまま消え去ってしまう危険性があるのです。

竹中氏はもしかしたら、そんなものはなくなればいい!資本力のあるものが台頭した方が効率的だ!と仰るかもしれません。しかし、文化というものはお金では決して買えないものです。経済的に多少の無駄があっても、守らなければいけないものですし、そこに理由も要りません。

経済的合理性ばかりを追求した結果、アメリカ金融の破綻のしわよせが来ているという事実を踏まえた上で、今はまだグローバル化をすすめる時期ではないと私は思います。


竹中平蔵の消費税増税反対論の策謀と森永卓郎の生活防衛論



報道ステーション 重大な倫理違反

[報道ステーション]「重大な倫理違反」BPOが認定

テレビ朝日の不祥事・・・またやってくれたようです。
問題とされたのは、徳島県の阿南東部土地改良区の横領事件を伝えた際、全国土地改良事業団体連合会(全土連)の会長を務める野中広務元自民党幹事長の映像を使い、そのあと評論家が「政治力で新たな事業を改良区に与えている」などと発言した点など。放送後、野中氏は放送人権委に「事件と全土連が関連があるかのように作為的な報道がなされた」と申し立てていた。

これはどういうことかというと、無関係の人をあたかも罪があるかのように表現された報道が、「名誉毀損をきたしかねない重大な倫理違反」と認定されたものです。また、キャスターの無責任なコメントも問題となっているみたいですね。
(ニュースにキャスターのコメントは一切要らないと思いますが;)

主要キー局がこのような現状ですから、
日本のマスメディアの信用力が問われる気が致します。


以下は、テレビ朝日の今年、去年の主な不祥事です。

記憶に新しいもので言えば、テレビ朝日系のバラエティー番組「情報整理バラエティー ウソバスター!」でのネタ元ブログを自作していたというもの
テレ朝の「仕込みブログ」 1か月もウソばらまいていた!

通販番組で「ロデオボーイII」という乗馬のような運動機器を紹介する際に、3週間の利用で体験者が著しく体重が減量して痩せたように放送したのは、景品表示法第4条第1項第1号(優良誤認)に違反する恐れがあるとして、公正取引委員会の警告を受けた。
株式会社テレビ朝日に対する警告について

テレビ朝日の報道記者が東京都港区の路上で下半身を露出したとして公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された。
テレ朝記者、公然わいせつで現行犯逮捕

報道ステーションで放送した青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場に関する特集で、日本原燃から抗議を受ける。抗議内容は、警備に支障を与える可能性のある映像の使用や無断撮影また、あたかも多量の放射能が放出されているかのような表現や「ドイツやフィンランドでは原子力発電を止めた」とした放送内容は誤りで事実誤認があるとして合計6点の偏向報道や事実誤認に関して抗議を受ける。
日本原燃がテレ朝に抗議、「報ステ」特集で不許可映像など放送



大河ドラマは日本の資産

これは、何度見ても素晴らしいですね。



綺麗です。。。
篤姫は、間違いなく海外に出しても恥ずかしくない映像コンテンツだと思います。

大河ドラマは、日本の大切な資産と言っても良いのではないでしょうか。


民放も下品なバラエティやテレビショッピングより、
“一つの作品”を作ることにお金と時間と労力を掛けることです。



FreeMind

今更ですが、書店に行くとマインドマップの本がたくさん出ています。

マインドマップっていうのは、心の地図なので、書き方に関しては自由というか、
決まりを作っちゃいけないものだと思うんですけど、最初はやり方がどうしても
わからないんだ、という人もいると聞きます。

そんな方に便利なフリーソフト。
Freemind 活用クラブ

マインドマップ

今はこんなものまであるのだから驚きです。
しかしこういった心理的なものは、なるべく形式にこだわらず、
思考を研ぎ澄ませて柔軟に進めていくことが重要ではないか、
とも思いますが。

サッカー日本代表あと少し!

今日、ホームでバーレーンに勝ったことで、
ワールドカップ出場まであと1勝のみとなりました。

残る試合は、6月の3連戦のみ。
ウズベキスタン(アウェイ)、カタール(ホーム)、オーストラリア(アウェイ)。

オーストラリアには勝って出場して欲しいですね。
楽しみです。

プロフィール

ブログへのご訪問ありがとうございます。イブネと申します。大阪で小さな会社を切り盛りしています。趣味は政治哲学です。

コメント、トラックバック大歓迎です。

[新訳]大転換

経済の文明史 (ちくま学芸文庫)

新訳 フランス革命の省察―「保守主義の父」かく語りき

雇用、利子および貨幣の一般理論〈上〉 (岩波文庫)

TPP亡国論 (集英社新書)

救国のレジリエンス 「列島強靱化」でGDP900兆円の日本が生まれる

記事検索
  • ライブドアブログ